最低限これだけは!パワーポイントでの資料作成のポイント

パワーポイントでの資料作成のポイント

パワーポイントは見た目の印象が8割

いろいろな営業の場面で、顧客に要望されて提出する提案書。

そして、その提案書を作成するツールで一番多いのは
おそらくパワーポイントではないでしょうか?

パワーポイントは、誰にでも気軽に操作できて
それでいてしっかりとした提案書を作り込むことができる
便利なツールですね。

また、初めて訪問する会社での事業紹介のプレゼン資料とかも
パワーポイントで作成することが多いと思います。

営業マンにとってはそれぐらい身近なツールではないでしょうか。

ただ、そのパワーポイントでの資料作成の際に
あなたは見た目の体裁にどれぐらいこだわっていますか?

以前の話ですが、私のところへある営業マンが訪問してきて
自社の事業紹介をしました。

事業紹介の内容について、パワーポイントで資料を作って
それを配布して一生懸命に話し始めます。

そこまでは良いのですが
問題はその事業紹介の資料の「見た目」です。

おそらくパワーポイントで作成したものなのですが
あまりにも体裁が整っていない資料だったのです。

  • 使用している文字のフォントがバラバラ
  • 文字のカラーがバラバラ
  • 「どこかから使い回しました」丸出しのスライド
  • 意味の無い挿絵がたくさん
  • 図や表が文字と重なっている

など、内容はともかく、体裁が全く整っていないのです。

これでは例え内容が良かったとしても
資料の見た目で印象が悪くなってしまいますね。

せっかく作った資料なのにもったいないです。

見た目がすべてではないですが、とは言うものの
お客さんに出す資料です。

まずは最低限見た目にこだわらないと
良いイメージを与えることができません。

見た目が綺麗で見やすい資料を作って
初めて、お客さんが資料の内容に目を通してくれる訳です。

ぜひ、パワーポイントで資料を作るときは
見た目の体裁を整える習慣をつけてください。

では、見た目の綺麗な資料を作成する際は
どんなポイントを押さえておけば良いのでしょうか?

スポンサードリンク


好印象を与える資料作りのポイント

好印象を与える資料作り

お客さんに提出する提案書などの資料作りで
最低限押さえておくべきポイントは
見た目の綺麗さというお話をしました。

パワーポイントでの資料作りには
欠かせないポイントです。

では、どんなポイントを押さえて
資料を作成すれば良いでしょうか?

いろいろなポイントがありますが
今回は「最低限これだけは!」という
8つのポイントを紹介します。

パワーポイントでの資料作成での
8つの「最低限これだけは!」

  1. 表紙と本編でテンプレートを区別しているか
  2. イメージカラーが統一されているか
  3. スライドにページ数は入っているか
  4. テンプレートに会社のロゴは入っているか
  5. 提出日の日付は入っているか
  6. 各ページのフッターは統一されているか
  7. 全体的なフォントは統一されているか
  8. 営業担当者によってバラバラのテンプレートを使用していないか

他にも凝りだしたら、まだまだたくさんありますが
とりあえずこの8つです。

当たり前のようなことばかりですが
なかなか出来ていない会社もあります。

これらは最低限のポイントです。

まずは、この8つをしっかり網羅した
パワーポイント資料の作成を心掛けましょう。

1~7番目のポイントは
パワーポイントに限った話ではありませんが
資料作りの体裁を整えるための最低限のポイントです。

そして、8つ目のポイントについては
会社としての統一感を出すために大切なポイントです。

提案書は内容が大切ですが、見た目の体裁を大切にして
「まずはお客に見てもらう」という土俵に乗りましょう。

理想は、「御社の資料はいつも綺麗ですね!」と
お客さんから言われることです。

資料の作り込みが綺麗だと
「内容そのもの+α」の効果があります。

ぜひ見た目の綺麗さで
この「+α」の効果を導き出してみましょう。

スポンサードリンク


まとめ

見栄えが良い資料

今回はパワーポイントでの資料作成の
見た目の綺麗さについてお話しました。

見た目がすべてではないですが、例えば同じ内容だったら
見栄えが良い方が好印象であることは間違いありません。

見栄えが良いと内容に「+α」の効果があるのです。

これは人間でも同じですよね。

中身や性格が同じ人間だったら
見た目が良い男の方がモテますよね!?

営業マンがお客さんに提出する資料は
その企業がお客さんに
「最初に納品する納品物」
であるとも言えます。

つまり、納品物である以上は、内容はもちろん
見た目にもこだわりましょう。

これはお客さん向けの資料の作成のときだけではなく
社内での資料作成の際もこだわってください。

パワーポイントでの資料作成の際は
日頃から「見た目の綺麗さ」を追求することで
見栄えの良いパワーポイント資料作成スキルが
身についてきます。

ぜひ実践してみてくださいね。