年賀状の返信はいつまでに?営業マンの心得を知っておこう!

年賀状の返信はいつまでか

年賀状の返信はいつまでか?

まさか!あの人から年賀状が!

お正月が明けて、会社に出社したとき。

「あれ、あの人から年賀状が来てる!」

なんて、アセることがありますね。

「まさか、あの人から!」

という感じで、自分からは年賀状を出していないのに
相手からは年賀状が届いている・・・。

こんな状況は営業マンとしては、結構アセります。

特にお客さんからの一方的に届いた年賀状は
アセり度120%。

自分も長い間、営業をやってきていますが
こんな経験を何度もしたことがあります。

本当に「まさか、あの人から!」ですね。

でも、それはそれで仕方がないので
落ち着いて年賀状を戴いた相手に対して
年賀状の返信をしましょう。

もらいっぱなしや無視したままの状態よりかは
多少遅れてでも返信しておいた方が良いですよ。

なんとなく遅れて返信することに
気まずさを感じるかもしれませんが
そのまま返信しない方が相手に対して
失礼になってしまいます。

営業の場合は、長いお付き合いになることも多いので
この辺の対応はしっかりやっておきましょう。

返信はいつまでに?

では、戴いた年賀状への返信はいったいいつまでに
相手に送った方が良いのでしょうか?

一般的には「松の内」と言われて
1月7日までと言われています。

これは「相手に届く日」が1月7日までという意味です。

あなたの会社の出社初日はいつでしょうか?

正月明けの出社日は、1月4日か5日あたりが
一番多いですよね。

ってことは、年賀状の返信を1月7日までに
相手に届けることは不可能ではありません。

  1. 出社日にまず年賀状をチェック
  2. 自分が年賀状を出していない人から年賀状をチェック
  3. 急いで年賀状を書いて出す!

こうすれば、1月7日までの返信に間に合いますよね!

1月7日に間に合わないけどどうしよう!

もしも、1月7日までに年賀状の返信が
間に合わない場合はどうしましょう?

その場合は、年賀状ではなく、寒中見舞いという形式で
相手にお返事を出しましょう。

寒中見舞いは節分の時期の2月4日までに
相手に届けばOKです。

これなら1月7日に間に合わなくても大丈夫ですよね。

でも、年賀状を戴いたお礼を遅れて寒中見舞いで出すのは
最終手段なので、できれば年賀状への返信は
年賀状で出した方が形としてはキレイです。

スポンサードリンク


年賀状を遅れて返信する場合の例文

年賀状の返信の文例

年賀状を遅れて出す場合の例文

年賀状を遅れて出す場合の文言は
どのようにしたら良いでしょうか?

特に決まりはありませんが、できれば年賀状を戴いたお礼と
返事が遅くなってしまったことについて
触れておいた方が無難です。

特に相手がお客さんの場合は
この2点を踏まえた年賀状がベストです。

例文としてはこんな感じです。

【年賀状の返信の例文】

謹んで新年のお慶びを申し上げます
ご丁寧な年賀状を頂きましてありがとうございました。
また、新年のご挨拶が遅れ、誠に申し訳ございません。
昨年は、新規プロジェクトなど
何かとご指導頂きましてありがとうございました。
今年もぜひ宜しくお願い申し上げます。

こんな感じです。

文面の構成としては、

  1. 新年のあいさつ
  2. 年賀状を戴いたお礼
  3. 返信が遅くなったお詫び
  4. 昨年のお礼
  5. 今年もよろしく

という構成でOKですね。

4の昨年のお礼は、お客さんによって
いろいろな文面があると思うのでアレンジしてみてください。

たまに、こういったお返事をメールで済ませようとする人がいますが
できれば年賀状ぐらいは、年賀はがきにしっかり書いて出しましょう。

あと、手元に年賀はがきが無い場合は
普通はがきの宛名面の切手の下に赤字で「年賀」と書いてください。

スポンサードリンク


寒中見舞いの例文

では、1月7日までに間に合わない場合の
寒中見舞いの文例を紹介します。

【寒中見舞いの例文】

寒中お見舞い申し上げます。
寒さ厳しい折柄ご自愛ご健勝をお祈り申し上げます
本年も引き続きご指導ご鞭撻賜ればと存じますので
何卒宜しくお願い申し上げます。

こんな感じで、年賀状のお礼や返事が
遅れてしまったことについては触れません。

これでOKです。

ただ、寒中見舞いの場合は、年賀状と違って
普通はがきで相手に出すようにします。

間違っても、余った年賀状とかで出してはいけません。

ただ、先ほどもお伝えしましたが
年賀状の返信という意味付けからすると
年賀状で返信した方が無難だと思います。

まとめ

年賀状の習慣

時代の流れとともに、だんだん年賀状をやりとりする習慣が
少なくなってきたと思います。

特に友達同士では、FacebookやLINEで
新年のメッセージをやり取るする世代も多くなってきました。

それはそれで時代の移り変わりでOKだと思います。

ただ、相手がアナログ的に年賀状を送ってきた場合は
しっかりと年賀状でお返事をしておきましょう。

なぜなら、相手は「年賀状という習慣」を良いと思って
あなたに年賀状を出しているからです。

1年のお礼と新年の挨拶として年賀状を戴いた訳ですから
こちらも年賀状で返信した方が無難ですよね。

営業は、ある程度相手の習慣に合わせて
対応する場面がありますが、年賀状もその一つです。

ぜひ面倒くさがらずに年賀状を書いてくださいね。